あしたのまち・くらしづくり活動賞表彰式

平成22年度あしたのまち・くらしづくり活動賞表彰式。 シンポジウム
平成22年2月19日(土) 13:20〜18:45
会場 東京王子 北(ほく)とぴあ 15階ペガサスホール
津久井会長、事務局、広報が参加。
 もう遅い、いや、まだこれからさ!! ホタルより学ぶ環境。そして地域の絆
平成22年度「群馬ふるさとづくり賞」受賞、そして、22年度あしたのまち・くらしづくり活動賞









全国215団体から応募が寄せられ、中央審査委員会における審査の結果、宮田ほたるの里を守る会は振興奨励賞を受賞しました。
「あしたのまち・くらしづくり活動賞」は住み良い地域社会の創造をめざし、地域に即した独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体・企業のレポートを募集し、その中で大きな成果を挙げ、優れた活動を顕彰することにより、地域づくり活動をより一層普及推進していくことを目的として実施するものです。
 宮田ほたるの里づくりも大変名誉なことです。会員一人一人の勝利です、でもこれからがもっと大変です。

シンポジウム
  「無縁社会から絆社会へ 〜安心して暮らせ地域社会づくり〜」

交流のづどい
 受賞者皆様との交流のつどい楽しい90分でした。まさに39通り(受賞者)の物語を感じる事が出来ました。




 また、内閣総理大臣賞受賞、鹿児島県、峰山地区コミュニティ協議会皆様との交流は素晴らしいものがあり活動を肌で感じる事が出来感激しました。

15階 ペガサスホールからの眺め。建設中スカイツリーを見ることができました。久しぶりの東京の空気が新鮮でした。



One Comment